素材

素材
フライパンでは多くの種類の素材が使われています。
購入する際は、素材も重要なポイントとなります。
メリット・デメリットを理解し、購入の参考にしてください。

 



代表的なのは中華鍋。
手入れが面倒ですが、使い込めばくっ付きにくく強火でも問題なく使えます。
鉄のフライパンで調理すれば鉄分も摂取できます。

〇メリット
・強火や空焚きも問題ない
・使い込めばくっ付かなくなる
・鉄分が摂取できる

×デメリット
・重い
・手入れが面倒

アルミニウム

「アルミパン」と言われるアルミニウムのフライパン。
イタリア料理でよく使われてるイメージですが、イメージ通り
家庭向けではないです。水分を含む料理などに向いてますが
肉や魚を焼いたり、炒めるには向いてません。食材がくっ付き易いです。

〇メリット
・熱伝導率がいい
・軽い
・おしゃれ

×デメリット
・熱伝導率がいいので取っ手が熱くなりやすい
・くっ付き易い

アルミニウム&フッ素樹脂加工

アルミニウム製のフライパンのメリット「軽さ&安さ&丈夫さ」を活かし、
くっ付き易いデメリットをフッ素樹脂加工で補ったフライパンです。
「テフロン加工」「マーブルコート」「ダイヤモンドコート」などがあります。

〇メリット
・くっ付きにくい
・比較的安い
・比較的軽い

×デメリット
・空焚きは絶対NG
・高温で有毒ガスを発生させる(通常使用では問題ない)
・コーティングが剥がれる

ステンレス

とにかくくっ付き易いです。
鍋なんかではステンレス製はよく見かけるんですけど、フライパンは微妙かもしれませんね。

〇メリット
・錆びる心配がない

×デメリット
・とにかくくっ付き易い

セラミック

昔は目にすることはなかったセラミック製のフライパン。
くっ付きにくいと言われてますが、実際は意外とくっ付くみたいです。
まだこれから改良され主流になるかもしれません。
強火で使うより、弱火~中火での使用が適してます。
見た目もおしゃれで人気出そうです。

〇メリット
・軽くて扱いやすい
・熱伝導率がいい
・おしゃれ

×デメリット
・意外とくっつく
・売ってるところが少ない

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です