素材や形による用途

用途
フライパンの主な使い方と言えば、「焼く」「炒める」ですが
他に「蒸す」「煮る」「茹でる」「揚げる」など様々な目的で使うことが出来ます。
また、形や大きさ・深さ、使用するフライパンの素材などで
それに適した料理や用途に分かれます。
購入する際は、用途に合わせて複数枚あると便利ですね。

フライパンの素材に合わせた使い方

鉄のフライパン
・焼く、炒めるなど強火で調理する料理
・油を使った揚げもの、
・手入れしないと錆びるので注意

アルミのフライパン
・パスタやソースを作るのに最適
・軽いのでソースを絡める作業に最適
・取っ手は熱くなりやすいので注意

表面加工のフライパン
・高い温度を必要としない料理に最適
・魚や玉子料理に向いている
・金属ヘラなどは表面加工が剥がれる可能性有

ステンレスのフライパン
・じっくり火にかける料理に向いている
・錆びることがなく長持ちする
・焦げ付きやすく、くっ付き易い

セラミックのフライパン
・餃子など外はこんがり、中ふわっな料理に
・熱伝導率が良く、中火でも中まで火が通る
・正しい使いたでないと、焦げ付く

フライパンの形と深さ
縁の角度(斜めになっていたり垂直だったり)や高さ、底面の形状(中央が少し盛り上がっていたり、中華鍋のように大きな曲面だったり)などいろいろなフライパンがあります。一般的にオススメと言われているのが、縁の直径が底面の直径より2cm程度広がっているフライパンです。フライ返しなどを使う時などは特にこの角度がポイントになります。でも、フライパンで煮込み料理をするときなどは深さのほうが重要だったりするので、使い方を優先したほうが長く使えると思います。

フライパン
一般的なフライパン。
焼いたり、炒めたりなどの一般的な料理は大体これで出来ますね。

グリルパン
波状のフライパン。グリルとは網焼きのこと。
肉や魚だけじゃなく、野菜もグリルするととても美味しく食べることができます。
また、肉もグリルパンで焼くと普通のフライパンで焼くよりも縮みにくくなります。

中華鍋・ウォックパン
中華料理に使われる鋼製の丸底鍋。最近ではウォックパンとも言います。
鍋は底が深く丸みを帯びているため、チャーハンなど鍋を振る調理もやり易く
鍋のように煮込んだり、蒸したりと万能的な使い方ができます。

ディープパン
一般的なフライパンよりも深さがあり、
焼いたり炒めたりする他に、茹でたり、煮たりするのことが出来ます。
カレーやシチューなど使い勝手が良いフライパンです。

たまご焼き器
その名の通り、卵焼きを作るための形状をしたフライパン。
素材によってはくっ付くことなく綺麗に卵焼きを作ることが出来ます。
多用途では使いにくいですが、使用回数は多いのではないでしょうか。

ソテーパン
やや深めのフライパンで、大きめの食材や料理を通常より多めの油を使用して調理するときに使用します。
「揚げる」と「炒める」の中間的な料理に最も適したフライパンです。
家庭で本格的に料理するのであれば購入してもいいでしょう。

ソースパン
ソース作りなどで使う、フライパンというよりも小型の深鍋です。
もちろん炒めものなどに使うこともできます。
少人数のスープやシチューを作ったりするのにもいいかもしれません。

クレープパン
クレープを焼く際に最適。
深さは無いので、ホットケーキなどをひっくり返しやすいです。
「パンケーキ鍋」とも言われます。

パエリアパン
両側に取っ手がついたフライパンのことで
その名の通り、パエリアを作るためのフライパンです。
しかし、パエリア以外でも広く使うことが出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です