人気フライパンの特徴

人気フライパンの特徴
各メーカーの人気フライパンの特徴を紹介します。

ティファール/エクセレンス
【特徴】進化した「チタン・エクセレンス」コーティングでこびりつきにくさ3倍長持ち。
取っ手が取れ収納に適したセットのものも有。
コーティング加工をしてるので強火や空焚きには注意。
ティファールだけの特許技術「お知らせマーク」がついており、温度を目で見てわかる様になっている。
熱源全てに対応してるバージョンもあるので今後のことを考えるならそちらを。

turk(ターク)/クラシックフライパン
【特徴】「ターク クラシックフライパン」は、継ぎ目のない一体型の鍛造フライパンです。
1枚の鉄板から打ち出された鉄のフライパンは職人さんが作り出した至高の逸品。
継ぎ目がないので雑菌が溜まりにくく何度も叩いて作られてるため非常に丈夫です。
鉄製ですが、油を馴染ませるように何度も使い込むことでこびり付き難くなっていきます。

ruhru(ルール)/健康フライパン
【特徴】ダイヤモンドとチタンのダブルコーティングを施しているので、食材が本当に焦げ付かず、油も吸収しません。
コーディング剤に、人体に有害なフッ素樹脂(PFOA)(PTFE)を使用してないので安全です。
また、高性能な熱伝導率があるため、ムラなく均一に熱を伝えて調理することが出来ます。
少し厚みがあるため重量感はあるが、それ以上の性能を備えています。

GSW/ナノパン
【特徴】GSW独自の特許技術「ビタフロン加工」により、フライパンに食材が焦げ付きにくく、油も吸収しにくいです。
コーディング剤に人体に有害なフッ素樹脂(PFOA)を使用してないので安全です。
アルミ鋳造フライパンの鍋底にステンレスを使用してるのでIHでも使用可能です。
調理後の後片付けも軽くスポンジで汚れを落とすだけで楽に出来ます。

パール金属/ブルーダイヤモンドコートパン
【特徴】丈夫な特殊加工で金属ヘラも使えます。強力コーティングで汚れやコゲがこびりつきにくく少量の油で調理可能。
オール熱源対応なのでどんな熱源でも調理OK。
コーティング加工なので空焚き、強火には注意しないと長持ちしないが
手入れも簡単で扱いやすく人気があるフライパンです。

錦見鋳造/魔法のフライパン
【特徴】魔法のフライパンの1番の特長は、なんといっても熱効率の良さ!
食材を入れても温度が下がりにくいので、旨みを逃さず美味しさをギュッと閉じ込めます。
鉄鋳物のフライパンは重たいですが、魔法のフライパンは女性でも片手で扱える軽量の鉄鋳物フライパンになります。
鉄鋳物は遠赤外線効果もあり料理との相性も抜群です。

リバーライト/極ROOTS
【特徴】丈夫な日本製の鉄製フライパン。持ち手は木製です。
防錆塗装を施してないので、購入時の空焚きは必要ありませんが油ならしは必要です。
多孔状の酸化皮膜で覆われていて、普通の鉄フライパンより油馴染みが良く、
通常の鉄製フライパンよりも強度があり傷に強いです。

北陸アルミニウム/センレンキャストフライパン
【特徴】安心できる日本製のテフロン加工フライパン。
アルミ&マグネシウム合金と特殊加工で軽さと丈夫さを実現。
女性でも楽に返せるほど軽く、高密度4層構造と新開発の超硬質セラミックダブル配合で耐久性は抜群!
アルミニウムを使用してるので熱伝導率も鉄よりあります。

京セラ/セラブリッドフライパン
【特徴】内側は白色のセラミック製のフライパン。
セラミック製フライパンの特長のくっ付きにくく、熱伝導率がいいので、
少量の油と弱火~中火での料理ができる。遠赤外線効果により省エネ調理が可能。
扱いを間違うと焦げ付き易くなったりするので注意が必要だ。

フレーバーストーン
【特徴】油を使わなくても「くっつかない」「焦げ付きにくい」とTVショッピングなどでお馴染みのフライパン。
油をほとんど使わなくてもいいので、ヘルシーな料理ができます。
また、6層構造になっておりベース3層は熱伝導が良く、弱火でも均一に熱が伝わる構造のため、光熱費の節約にもなります。

スーパーストーンバリア
【特徴】10層構造により石の様に硬いフライパンのため、耐久性が良く長持ちします。
オール熱源対応。熱が伝わりやすく温まるのも早いので調理時間の短縮もでき、
また逃げにくいので余熱調理も出来ます。
こちらも、くっつきにくく油をあまり必要としないのでヘルシーな料理が出来ます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です